• ログイン
  • マイページ
  • 買い物カゴ

「和食のためのクリンスイ」シリーズ 最高の昆布だしを味わうランチセミナー

「和食のためのクリンスイ」シリーズ 最高の昆布だしを味わうランチセミナー

「和食のためのクリンスイ」シリーズ 最高の昆布だしを味わうランチセミナー 奥井海生堂 四代目 奥井 隆氏 × つきぢ田村 三代目 田村 隆氏 (2016.2.4 18:30〜 @つきぢ田村) 和食は"水の料理"といわれます。下ごしらえで水を多用するのはもちろん、ゆでる、煮る、蒸すといった調理法にも水は欠かせません。なかでも和食の原点である ・・・(続きを読む

「和食のためのクリンスイ」シリーズ 発売記念 炊き上げごはん3種の味見&トークイベント

「和食のためのクリンスイ」シリーズ発売記念 炊き上げごはん3種の味見&トークイベント スズノブ代表取締役 五ツ星お米マイスター 西島豊造氏 × 三菱レイヨン・クリンスイ 代表取締役 池田宏樹 (2016.10.12 18:30〜 @MIZUcafe) いまや世界的なブームとなっている日本の「和食」、その中でも特に味付けに「水」が重要となる ・・・(続きを読む

五ツ星お米マイスターが伝授!玄米の美味しい炊き方

五ツ星お米マイスターが伝授! 玄米の美味しい炊き方 女性を中心に根強い人気があるのが玄米ですが、玄米は炊き上がっても硬いもの よく噛まなければいけないもの、ボソボソするものというイメージを持っていませんか? (2016.12.20) 土鍋や鍋で炊くと、全体的に火力不足という感じになってしまい、硬さが残り、 ・・・(続きを読む

五ツ星お米マイスターが伝授!今年の新米の楽しみ方

五ツ星お米マイスターが伝授! 今年の新米の楽しみ方 新米が流通する季節、ここ数年は新品種の誕生ラッシュが続いています。 お米の事、美味しい炊き方などを勉強し、食べ比べ、自分の好みのお米を探してみましょう。 (2016.11.10) 雨が降らずに渇水だと言っていたら、今度は連続して台風が上陸するなど、近年、様々な天候不順が繰り返されていますが、それにも負けずに、 ・・・(続きを読む

達人に聞く旬のレシピvol4:8月の旬の食材「キュウリ」

キュウリ キュウリがおいしい時期を迎えるのは、夏真っ盛りの7 ⽉〜8 ⽉にかけて。⻭ざわりがよく、さっぱりとした味覚のキュウリはほとんどが⽔分。「世界⼀栄養が無い野菜」としてギネスブックに登録されるほどという⾯⽩い野菜です。栄養素は少量ながらビタミンC、カロチン、カリウムなどが含まれており、カリウムの利尿作⽤で、むくみやだるさを取る効果も。また、体にこもった熱を取って ・・・(続きを読む

最高のごはんのための今時メソッド

あなたが「お米の研ぎ方」を教わったのは何年前ですか? 日本人の食卓に欠かせない「ごはん」は、「お米」と「水」しか使わない究極の一品料理。 だからこそ、おいしく調理するためには、 炊き上げるまでのひとつひとつの工程がとても大切です。 ところが、「これが正しい研ぎ方」とされていた研ぎ方から、 近年は精米技術とお米の性質の変化によって、新しい研ぎ方の常識が生まれています。 あなたのお宅ではお ・・・(続きを読む

達人に聞く旬のレシピvol3:7月の旬の食材「オクラ」

彩り豊かな旬の素材に、やさしいお酢の持ち味を活かしたジュレを添えたおしゃれな⼀品。⼀ 度にたくさんの野菜が⾷べられて彩りも鮮やか。おもてなしにもぴったりです。野菜&シーフ ードはお好みでアレンジOK。“ネバネバ”で夏を元気に乗り切りましょう。 材料(4 ⼈分) オクラ 6 本 ブロッコリー: 1 株 な ・・・(続きを読む

日本酒きき酒師が教える日本酒学

日本酒が、お米と水を主原料として造られることは知っていても、 その造り方や何が旨さの決め手なのかについては 実は、あまり知られていません。 そこで今回は、日本酒をもっと楽しむために「水」の力に注目。 新たな日本酒の魅力や楽しみ方をご紹介します。 ・・・(続きを読む

達人に聞く旬のレシピvol2:6月の旬の食材「水なす」

旬を迎える⽔なすとアスパラたっぷり使って、和⾵のペペロンチーノに。納⾖のコクと野菜の サクッとした⾷感がパスタにマッチ!意外な組み合わせですが格別の美味しさです。 材料(4 ⼈分) パスタ 400g アスパラ 4 本 ⽔なす 1〜2 個 ニンニク 4 ⽚ 鷹の⽖ 8 本(お好みで ・・・(続きを読む

達人に聞く旬のレシピvol1:5月の旬の食材「新じゃが」

小粒なものを丸のまま茹でたり、煮たりするのは新じゃがならではの調理法。みずみずしい食感はまさに初夏の味。 銀座「卯波」の⼀番⼈気メニューです。 収穫したての新ジャガは⽔分を多く含んでいるので、 ポテトサラダやコロッケよりも、油で揚 げたり炒めたりするのがおすすめ。 煮物、揚げ物にするときも⽪をつけたまま丸ごと食べるのがコツです。 ・・・(続きを読む

1 / 212