• ログイン
  • マイページ
  • 買い物カゴ

「隠れ脱水」の専門家に伺いました

成人のカラダの60%は水。 その水がわずか2〜4%失われただけで、倦怠感や食欲不振など日常生活に支障がでます。 気温が上昇して発汗が激しくなる季節はもちろん、 冬に風邪をひいて下痢や嘔吐などで水分が失われたときも要注意。 実は適切な「水」の摂り方ができるかどうかで、回復に大きな差がでることもあるのです。 この「脱水学」講座を通して、カラダに必要な水分を上手にコントロールして、 1年を通 ・・・(続きを読む