cleansui

和食のためのクリンスイ WASHOKU

『水の料理「和食」のためにこだわりの水をつくる。』世界から、注目されている“和食”。和食は水の料理と呼ばれるくらい、その独特の味わいに、水が大きな役割を果たしています。もともと和食は、よく噛んで、ゆっくりといただく食事です。素材のもつ味わいや、季節ごとに微妙に違う水分量の変化など、繊細な違いを舌で確認しながら、自然を味わう料理だからかもしれません。水を大切にする食文化・和食に合わせた水として、「お米のためのクリンスイ」が、生まれました。

お米・お茶・出汁、
本来の味を引き出すために、
専門家の監修により誕生しました。
米 / 『お米のための水って、どんな水だろう?』

お米マイスター × クリンスイ

食べ飽きない甘さと柔らかさを引き出してくれる

お米の国である日本には、500品種前後の品種があり、現在その7割程度が「コシヒカリ」の血を受け継いでいます。なので、どれを食べても「美味しい」と思ってもらえることでしょう。なので、お米に対するこだわりも、少し薄くなっているかもしれません。
しかし実際、品種ごとに甘さも柔らかさも、合うお料理もおかずも異なりますし、新品種ほどその個性が強い傾向があります。その個性をご家庭で、正確に、そして簡単に引き出すためのポイントは、やはり使用するお水と研ぎ方につきます。研ぎ方が毎回違う。炊くときのお水の性質も水加減も毎回違うというのであれば、品種の良さを引き出すことは出来ませんので、自分にとってお好みのお米なのか、お美味しい品種なのかの判断もできないことでしょう。この「お米のためのクリンスイ」は、品種が持っている本来の個性だけでなく、食べ飽きない甘さと柔らかさを引き出してくれる、初めてのお水なのです。

五ツ星お米マイスター 西島 豊造さん (スズノブ 代表取締役)
1988年に家業の米屋「株式会社スズノブ」を継ぐ。大学時代に得た「土」の知識、北海道で得た「農業土木」の知識、産地を回って得た現場の知識、歴史から紐説いた知識など、膨大な米に関する知識を活かし、お米のソムリエ、お米博士として、新聞、テレビ、ラジオ、雑誌などに多数出演。お米の新しい時代を作りたいというビジョンのもとに、独自プロジェクト「Suzunobu Project Rice」を立ち上げ、産地の特徴を活かした地域ブランド米作りや地域活性化にも携わっている。

「お米をおいしく炊くために、お米専用の水があればいいのに」

そんな想いから生まれたのが、 「お米のためのクリンスイ」です。
現代人の好みの味わい、 お米の収穫トレンド、炊き方など、 五ツ星お米マイスターの知識と、 クリンスイの独自技術を掛け合わせて 誕生しました。
ふくよかなお米は、滋味深くて、 やさしくて、薄い味付けのおかずにもよく合います。

こだわりのある食生活のためにも、「お米のためのクリンスイ」で、
おいしいごはんを炊いてみませんか。

ご購入はこちら

※ カートリッジのみのご購入はこちら

 WASHOKU : お米をおいしくするための水

 WASHOKU : お米をおいしくするための水

JP407-R
ポット型浄水器本体 + 専用カートリッジ / 1個のセット

CPC5-R
ポット型浄水器用カートリッジ / 1個入り

カートリッジ対応機種
CP002 CP005 CP006 CP012
CP015 CP025 CP205 CP207
CP405 CP407 CSP4   JP407

ご購入はこちら

※ カートリッジのみのご購入はこちら

約7割の方が「おいしい」と答えています。

ブラインドでの試食テストに参加して頂いた方の約7割が、
和食のためのクリンスイ「お米をおいしく炊くための水」で
浄水したお水で炊いたご飯をおいしいと感じました。

※ モニター食味試験結果による

<製品を体験された方の声>
「味がある。味が濃くてしまってる」
「香り良く、甘みも若干感じた」
「口に入れた時(舌にのせた時)に感じる甘みがおいしい」
「適度な甘みと食べごたえ」
「粘りがあってもっちりしていると感じた」
「甘みがあり、粘り気も程良くあった」
「香り、粘りがあって、おいしい」
「おかずなしでもおいしい。(甘みがあった) ふっくらしている感じがした」

“香りが良く、甘みがあって、ふっくらしている。”

ご購入はこちら

※ カートリッジのみのご購入はこちら

米 / 『お茶のための水って、どんな水だろう?』

日本茶インストラクター × クリンスイ

お茶の味を引立て一層おいしく味わえる水

蒸気で蒸して作る日本茶は、緑茶特有の旨みを持っています。それはアミノ酸の一種でテアニンという成分ですが、低温で淹れる程多くを引き出すことができます。リラックス効果を促すテアニンは、まろやかな甘みを感じ、濃い目に出す程さわやかな余韻が口中に拡がります。

一般に煎茶で70度以下、玉露で50度以下の湯温で抽出しますが、近年水で淹れる方法が注目されています。この方法は、わかりやすく失敗が少ない上、お茶の色も長持ちします。水道水に含まれるカルキ等不純物を除去する高性能フィルター使用のクリンスイで浄水した「水」は、お茶の味を引立て一層おいしく味わえます。

長年の飲み慣れた緑茶が日本人には最適の飲物で、健康長寿を目指すためにも1日5杯以上の緑茶を飲むことをお勧めいたします。

日本茶インストラクター 渡辺 栄一さん (山大園 代表取締役)
1969年に大学を卒業し実家の山大園に入社、1996年に四代目社長に就任。2000年、日本茶の普及を目的に設立された日本茶インストラクターの資格を第1期生として取得。地元のテレビ、ラジオや新聞はもちろん、食や農業の業界紙、NHKなどにも出演。「お茶はおいしく淹れて楽しく飲む」をモットーに、過去多数の呈茶講演を、国内だけでなく海外でもおこなってきた。「憩いの茶の間」の復活を目指して多方面で活動している。

ご購入はこちら

※ カートリッジのみのご購入はこちら

6月20日(火)15時〜
「こだわりの水で淹れる、おいしい冷茶講座」
ワークショップ開催!
詳細・お申込みはこちらから

「お茶ならではの繊細な味わいを感じるために、お茶専用の水があればいいのに」

そんな想いから生まれたのが、 「お茶のためのクリンスイ」です。

お茶は、品種はもちろんのこと、 採れた時期、場所、製法によって味が変わります。

明治創業の日本茶専門店とともに、 お茶本来の風味を、素直に引き出す水について吟味を重ね、 クリンスイの技術で実現させました。
甘み、渋み、苦みといった それぞれのお茶が持つ味わいを
「お茶のためのクリンスイ」で楽しんでみませんか。

「お茶ならではの繊細な味わいを感じるために、お茶専用の水があればいいのに」

そんな想いから生まれたのが、 「お茶のためのクリンスイ」です。

お茶は、品種はもちろんのこと、 採れた時期、場所、製法によって味が変わります。

明治創業の日本茶専門店とともに、 お茶本来の風味を、素直に引き出す水について吟味を重ね、 クリンスイの技術で実現させました。
甘み、渋み、苦みといった それぞれのお茶が持つ味わいを
「お茶のためのクリンスイ」で楽しんでみませんか。

ご購入はこちら

※ カートリッジのみのご購入はこちら

6月20日(火)15時〜
「こだわりの水で淹れる、おいしい冷茶講座」
ワークショップ開催!
詳細・お申込みはこちらから

 WASHOKU : お茶をおいしくするための水

 WASHOKU : お茶をおいしくするための水

JP407-T
ポット型浄水器本体 + 専用カートリッジ / 1個のセット

CPC5-T
ポット型浄水器用カートリッジ / 1個入り

カートリッジ対応機種
CP002 CP005 CP006 CP012
CP015 CP025 CP205 CP207
CP405 CP407 CSP4   JP407

ご購入はこちら

※ カートリッジのみのご購入はこちら

6月20日(火)15時〜
「こだわりの水で淹れる、おいしい冷茶講座」
ワークショップ開催!
詳細・お申込みはこちらから

約7割の方が、お茶本来の味が引き立つと答えています。

ブラインドでの試飲テストに参加して頂いた方の約7割が、
和食のためのクリンスイ「お茶をおいしくするための水」で
浄水したお水で淹れたお茶をおいしいと感じました。

※ モニター食味試験結果による

<製品を体験された方の声>
「お茶の旨味を感じた」
「香り、旨味、甘み、苦みを良く感じた」
「味が濃い。甘みのある感じがします」
「旨味、渋味が良く出ている」
「苦みがあり、おいしい」
「味がしっかりしている気がする」
「香り、苦み、甘みが良い」
「まろやか」

“苦みがあり、おいしい。甘みもしっかり、こくもある。”

ご購入はこちら

※ カートリッジのみのご購入はこちら

6月20日(火)15時〜
「こだわりの水で淹れる、おいしい冷茶講座」
ワークショップ開催!
詳細・お申込みはこちらから

出汁 / 『出汁のための水って、どんな水だろう?』

昆布の老舗 × クリンスイ

誰もがお料理好きになれる美味しい出汁のための水

同じ昆布でも、水により出汁の出方に違いがあるため「水」は昆布を販売する者にとってはとても重要です。

例えば、古くからのお得意様である京都の料亭が東京にお店を出された時には、この違いが顕著に現れました。
関西と関東の水(硬度)の違いが出汁の出方を大きく左右したからです。同じ出汁が引けないと、すべての料理に迷惑がかかります。それほどに水は重要なのです。

これは有名店に限った話ではありません。私たちは、家庭でもきちんと昆布出汁を引いてお料理をしていただくことを、主婦の皆さまだけでなく普段お料理をしない方にもおすすめし、楽しんでいただきたいと願っています。目指しているのは、誰もがお料理好きになれる美味しい出汁の味です。

昆布にこだわり、更には水にもこだわり。
クリンスイで昆布出汁を引き、そのうま味が凝縮した出汁を使って、素材そのものを生かしたお料理の美味しさを体感してください。

明治四年創業、昆布の老舗 奥井海生堂
福井県敦賀市に本社を構える高級昆布の専門店。創業明治4年。明治中頃より曹洞宗大本山永平寺御用達として、大正時代から昭和の初めにかけては北大路魯山人をはじめ京都の高級料亭との取引もはじまり高級昆布司として暖簾を守り続けている。特に北海道の礼文島、利尻島で収穫された天然利尻昆布を2年、3年と専用昆布蔵で寝かせ旨味を増す「蔵囲昆布」は有名。

ご購入はこちら

「出汁のふくよかさを味わうために、出汁専用の水があればいいのに」

そんな想いから生まれたのが、「出汁のためのクリンスイ」です。
日本には、お料理に合わせた、さまざまな出汁があります。
あるときは“すっきり”と、またあるときは“まろやかに”、じんわりと素材に染みわたり、味の決め手となります。
どんなお料理にも重宝するように、料亭で使用する最高級の利尻昆布から、家庭でよく使われる山だし昆布や羅臼昆布まで幅広く対象として開発しました。昆布をはじめとした様々な出汁にお使いいただけます。

滋味豊かで、繊細な出汁のうまみを、
「出汁のためのクリンスイ」で、味わってみませんか。

ご購入はこちら

※ カートリッジのみのご購入はこちら

 WASHOKU : 誰もがお料理好きになれる美味しい出汁のための水

 WASHOKU : 誰もがお料理好きになれる美味しい出汁のための水

JP407-D
ポット型浄水器本体 + 専用カートリッジ / 1個のセット

CPC5-D
ポット型浄水器用カートリッジ / 1個入り

カートリッジ対応機種
CP002 CP005 CP006 CP012
CP015 CP025 CP205 CP207
CP405 CP407 CSP4   JP407

ご購入はこちら

※ カートリッジのみのご購入はこちら

味覚センサーによるテストの結果「旨味」を引き出します。

水道水と出汁のためのクリンスイで浄水した水の2種類を使って、同じ条件の出汁を引き味覚センサーで試験したところ、出汁のためのクリンスイは、他よりも「旨味」が強く抽出されました。「旨味」は口に含んだ際の「うま味」を評価されるもので、濃厚な味わいの出汁であることが示されています。さらに旨味の成分を調べたところ「グルタミン酸」を多く含んでいることがわかりました。

“旨味がしっかり、こくもある”

ご購入はこちら

※ カートリッジのみのご購入はこちら