cleansui

おいしいお米の炊き方
【土鍋編】

監修:五ツ星お米マイスター 西島 豊造

準備

お米:販売時のパッケージは保存用ではないため、密閉できる容器や袋に移し替え冷蔵庫で保存することをおすすめします。
クリンスイの水(浄水):全ての工程に使用していただくことをおすすめしますが、お米は一番初めに触れた水を一気に吸収する特性があるため、特に最初のすすぎとお米を炊くときは、必ず本製品で浄水した水をご使用ください。

  • すすぐOpen or Close

    1:計量カップで正しくお米をはかりボウルに入れます。

    炊き上がりに毎回誤差がでないよう割り箸等を使いすりきり1杯を正確に計るのがポイントです。

    2:浄水を注ぎ込み、すべてのお米が水に浸かるようにかきまぜ、水を捨てます。

    汚れた水を多く吸わないように、すばやく行うのがポイントです。(約10秒が目安)

    3:2をもう一度繰り返します。(これ以降は水道水でもよい)

    ※精米してから時間が経ってしまったお米や、あまりにも濃い汚れた水が出る場合のみ、もう一度だけ繰り返してください。
    (3回すすいだとしても合計1分程度です)

  • 研ぐOpen or Close

    4:ほぼ水がきれた状態になったお米に、下図のような形に指を広げて差し込みます。

    ソフトボールを握ったような形で

    形を保ったまま、お米を泡立て器でかき回すように、約20回かき回します。(最大でも50回までにする)

    一定のリズムとスピードで、お米同士の摩擦で表面を研磨するように、シャカシャカと音を立てながら行います。

    5:乳白色の研ぎ汁が底に溜まってきたら、すばやく新しい水を注ぎ2-3回かき混ぜ、流します。
    これを2回行います。

    ※思った以上に濁り水が濃い等、まだ研ぎきれていない感じがする場合は、4,5を1度だけ繰り返してください。(4の場合かき回す回数は約10回に減らします)

    ※お水が透明になるまでゴシゴシとお米を研ぐ必要はありません。研げば研ぐだけお米が傷つき炊きあがりに影響がでます。

  • 浸す・炊くOpen or Close

    6:お米と浄水(お米の容積1合あたり180ccの1.2-1.3倍の量:お好みにより調整)をタッパーウェアなどに入れ、蓋をして冷蔵庫におきます。(約2時間)

    7:お米が砕けないようにそっと土鍋に移し、中火にかけ、10分かけて沸騰させます。

    8:沸騰したら弱火にして20分加熱します。

  • 蒸らすOpen or Close

    9:火をとめて10分蒸らします。

    10:蒸らし終わったら土鍋の蓋を開け、蒸気を逃します。

    11:土鍋の縁の沿って、しゃもじを1周させて、土鍋とご飯を離します。
    ご飯に上からしゃもじを差し込み、そのまま引くようにしてご飯を十字に切ります。

    12:その 1/4 を 3/4 の上に持ちひっくり返してのせます。
    空気を入れるような感じで切り開くように。

    13:上に持ち上げたご飯をふっくらと広げます。

    14:残りの 3/4 も12、13を繰り返します。