cleansui

おいしいお茶の入れ方
【煎茶編】

監修:日本茶インストラクター
渡辺 栄一(株式会社山大園 代表取締役)

準備

お茶:開封した茶葉は、茶筒などの密封容器に入れ、匂いが少ない冷暗所での保存をおすすめします。

クリンスイの水(浄水):全ての工程に本製品で浄水したお水をご使用ください。

ポイント

上級煎茶はうま味成分(テアニン)を豊富に含むため、渋味を抑えてうま味を充分に引き出すよう、低温で入れます。
普通煎茶は上級煎茶に比べ、渋味成分(カテキン)を多く含むため、香りと適度な渋味を引き出すよう、高温で入れます。
お茶をよりおいしく頂くために、急須でいれることをおすすめします。

  • 煎茶(2人分)Open or Close
    茶葉…… 5 g(大さじ1 杯)
    クリンスイの水…… 180 ml

    1:茶碗にお湯を八分目ほど入れて湯冷ましします。(上級煎茶 70℃、普通煎茶 80℃)

    2:茶葉を急須に入れます。

    3:1 の湯冷まししたお湯を急須に注ぎます。(浸出時間:約40秒)

    4:濃淡のないよう少しずつ均等に注ぎ分け、最後の一滴まで絞りきります。

    5:2 煎目は、80℃のお湯を注ぎ、10 秒ほどで湯のみに注ぎます。