• ログイン
  • マイページ
  • 買い物カゴ

皮膚科医が教える美肌レシピ その②

年中無休の肌は美しい!?ターンオーバーを正常化せよ。

メカニズムを知ろう!肌あれとターンオーバーの関係って?

約4週間で肌は生まれ変わる

肌は、下図のように何層にも重なっています。
いわゆる「肌細胞」は、表皮の最下層で生まれ、育ちながら新たに生まれる細胞によって徐々に上層へと押し上げられ、およそ14日で角質層に到達します。
その後、さらに表層へと押し上げられつつ無核(死んだ状態)の角化細胞となって、生まれてからおよそ28日後には、アカとなって自然にはがれ落ちていきます。
これが、新陳代謝による肌の生まれ変わり=ターンオーバーです。

28日間で生まれ変わる
誕生 肌の奥では毎日毎日新しい細胞が生まれています。
成長 赤ちゃん細胞は、成長しながら順番に上へ上へと上がっていきます。
排出 成長した細胞がキメのそろった角質層を形成し、28日後にはきちんと押し出されます。

正常なターンオーバーが美肌の決め手!

ターンオーバーが正常であれば、肌細胞はトラブルを起こしにくい
健やかな状態に育ちます。紫外線などの外的刺激でダメージを受けても、
いずれは自然にはがれ落ち、きれいな肌に生まれ変わることができるのです。

肌の最も外側にある角質が、素肌の美しさを決めるポイントのひとつ!
古くなった肌細胞ときちんと「さよなら」することで、
見違えるようにきれいになるんです。

column

えっ!?ターンオーバーがうまくいかないと
 老化が早まる?!

十分に成長して形が整い、たっぷりの水分を含んだ細胞がきちんと並んでいる肌は、うるおい感や透明感があるものです。
ところが、ターンオーバーがうまくいかないと、肌は良い細胞を育てられません。
形が整っていないため、細胞同士がピタッと並ぶことができず、隙間からどんどん水分が逃げていってしまいます。
放っておくと乾燥が進み、シワができたり、肌が粉を吹いたように白っぽくなったりするなど、肌の老化やトラブルにつながることも。
特に、目の下など皮膚の薄いところが気になってきたら、要注意です。

では、ターンオーバーを正常に保つためには、どうすれば良いのでしょうか?
いよいよ、ターンオーバーのメカニズムを活かした
「美肌につながる水の飲み方」をご紹介します!

続きを見る

皮膚科専門医 平田雅子

医療法人社団育生会「私のクリニック目白」理事長・院長
1988年、日本大学医学部卒。医学博士、皮膚科認定専門医。東京医科大学、同大学八王子医療センター皮膚科学教室を経て、2003年10月に『私のクリニック目白』を開業。院長として診療にあたる。民間としては日本で初めて、複数の女性専門外来を有するクリニックとなる。時間をかけて話を聞く診療に定評があり、テレビ、ラジオ、雑誌にて健康相談コーナーなど、多数出演。女性専門医療の第一線で活躍中。女性医療ネットワーク理事、日本医師会産業医、臨床研修指導を務める。