• ログイン
  • マイページ
  • 買い物カゴ

皮膚科医が教える美肌レシピ その③

美肌の基本は水だった!水との関わりを変えれば、肌は変わる!

ターンオーバーには水分が関わっていた!あなたの肌、水不足になっていませんか?

肌と水の切っても切れない関係

私たちのからだは、常にたくさんの水を必要としています。
たとえば、からだのすみずみに栄養や酸素を運ぶのは、赤血球や血漿などから成る血液ですが、赤血球の66%、血漿の90%は水です。肌細胞も60%は水分で、水分が足りなくなると、すぐに肌の構造はガタガタになってしまいます。

水はターンオーバーの潤滑油!

さらに、角質細胞が剥がれ落ちるときには、下層の若い細胞を保護するためにやはり水分が必要です。
これらの働きに使われる水分は、化粧水などの「外側からのスキンケア」ではまかなうことができません。
ターンオーバーを正常に保って、美肌の基礎をつくるには、水を飲むという「内側からのスキンケア」が、本当に大切なのです。

新陳代謝を促す水の飲み方とは?

食生活や運動量などによっても異なりますが、一般的に人のからだは、体重1kgあたり40mlの水分を毎日必要としています。
よく、水分を摂りましょうと言うと、
「お茶や清涼飲料水を飲んでいます」という患者さんがいますが、

  • ・水分=水に余分なものが含まれている
  • ・水=からだが必要としてるもの

という違いを理解して、”水”を飲むことを意識しましょう。
適切な飲み方をすることによって、新陳代謝はよりスムーズになります。

「水を飲む」は強力なスキンケア! 先生からのポイント!来院する人の、ほとんどが脱水状態!水を飲む意識を習慣化させましょう。
  • Point1 1日の摂取量は、体重1kgあたり40mlが理想的。例えば、体重が45kgの方は、500mlのペットボトル3~4本分程度の量を目安にしましょう。
  • Point2「30分ごとに一口」が理想的な飲み方。また、喉が乾いたと感じたり、唇や目が乾いてきたときは、からだが水分を欲しがっているサインです
  • Point3 温度は37~40℃がベスト。温度は、からだの内部の温度と同じ37~40℃がベスト。冷たすぎると、内臓を冷やしてしまいます。内臓の冷えは、そのまま新陳代謝を低下させ、むくみの原因にもつながります。
  • Point4 できるだけミネラルバランスの良いものを。水の種類は、できるだけミネラルバランスの良いものを。水道水の塩素などの殺菌成分を除去した浄水が、安全性やコストの面でおすすめです。
  • Point5 カフェイン飲料、およびアルコール飲料は水分補給には不適です。コーヒーやお茶などのカフェイン飲料、およびアルコール飲料は利尿作用があり、飲んだ以上の水分を体外に排出するため水分補給には不適です。カフェインを含まない麦茶やハーブティーなどはOK!
  • Point6 お味噌汁や糖分が多いジュース類の大量摂取は、おすすめできません。塩分を含むお味噌汁や糖分が多いジュース類の大量摂取もむくみの原因になります。からだが一定の塩分や糖分の濃度を保とうとして、水分を排出しにくくしてしまうのです。
教えてくれるのは…

皮膚科専門医 平田雅子

医療法人社団育生会「私のクリニック目白」理事長・院長
1988年、日本大学医学部卒。医学博士、皮膚科認定専門医。東京医科大学、同大学八王子医療センター皮膚科学教室を経て、2003年10月に『私のクリニック目白』を開業。院長として診療にあたる。民間としては日本で初めて、複数の女性専門外来を有するクリニックとなる。時間をかけて話を聞く診療に定評があり、テレビ、ラジオ、雑誌にて健康相談コーナーなど、多数出演。女性専門医療の第一線で活躍中。女性医療ネットワーク理事、日本医師会産業医、臨床研修指導を務める。