1.浄水カートリッジにパッキン(小)を取り付けます。カートリッジの溝にしっかりはまるように、カートリッジとパッキンの凹凸を合わせて。

2.1をリザーバータンクの中央の空洞に差し込んで、取り付けます。隙間ができないように止まるところまで押し込んで固定させます。

3.リザーバータンクを定着させるために、パッキン(大)を装着します。

4.リザーバータンクをピッチャーに置いたら、水道水をゆっくり注ぎます。

5.最後の一滴が落ちるまで待ったら、おいしい水ができあがり。 蓋をして食卓や冷蔵庫へ。

※パッキン(小)はフィット感が強く取り付けづらいのですが、この取り付けが大切な行程。隙間を埋めて、水道水を漏らさずしっかり浄水するための大きな役割を果たしています。
※付属ではなく追加で購入された交換用カートリッジをご使用の場合、グレーのパッキンを外してからご使用ください。

ガラス浄水器 クリンスイ JP101-C ¥39,000(+税)
https://www.cleansui.com/shop/g/gJP101-C/

連載記事は、Cleansui Knows Japanese CraftsのSNSにて配信中
https://www.instagram.com/cleansui_knows/

CREDIT

  • Direct by Harumi Fukuda
  • Photography by Yu Inohara
  • Text by Hitomi Takano